インフラエンジニアの性質

IT業界で働く技術者は時代の最先端での仕事を担うことになるため仕事に忙殺される毎日を送っていると認識されがちである。しかし、それが実情となっているのはシステム開発を担うシステムエンジニアやプログラマの状況であり、必ずしも全てのエンジニアがそういった過酷な状況に常に立たされているわけではない。
開発よりも維持や保守、監視といった仕事が中心となるインフラエンジニアの場合には絶えず仕事はあるものの、開発の仕事のために一分一秒を争って仕事を進めなければならないという忙しさはない。障害発生時のトラブル対応等のように緊急性の高い仕事が発生した場合には開発の仕事以上に忙しい状況に立たされる場合もあるが、日常的には平穏が吉とされる職場で働くことになるのがインフラエンジニアである。そういった忙しさの性質の違いから、開発現場での忙しさについていけなくなった技術者が転職先として選ぶことも多い。
安定したインフラを維持するためには多くの経験と知識が必要とされるものの、開発現場で培ってきた経験が生かせる場合も多く、システムエンジニアが選ぶキャリアパスとして人気の高いものになっている。システムエンジニアとして開発に携わるのみで現場に出た経験がない人材が転職する場合にはインフラとなるシステム導入の現場経験を経てから維持や管理の業務に携わるようになる場合も多く、現場のインフラに直接触れた経験が重視される傾向にある。こういったキャリアアップを視野に入れながら転職を考えるのであればこちらのサイトを見てもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です