定年まで働ける安心感

エンジニアとして仕事を選んでいく場合にはいつまで働くことができるかということを意識していくことが必要になる。人によっては何度も転職を繰り返して活躍する現場を変える場合もあるが、これが最後の転職と考えたときには定年まで働いていくことが可能な職場を選ぶという将来計画を持つことが望ましいだろう。
転職をするといっても、転職先で失敗しては意味がない。そこで成功する職業のひとつにインフラエンジニアが挙げられる。インフラエンジニアは比較的安定した仕事を得られるということで晩年まで働くことができると言われている。開発に携わっていくには若さと体力とが必要となることが多いものの、既に敷かれたインフラの管理を行う仕事については経験の重要性も高いことからベテランのエンジニアが望まれる傾向も強いからである。
特に長い間同じ企業のインフラの管理に勤めてきている場合にはそのノウハウの蓄積が多いことから、たとえ年老いてきても新たな人材を採用して教育するよりは慣れている人材を雇用し続けるということが一般的となっている。そのため、比較的早期に社内インフラを担う専属のエンジニアとなることができれば定年退職になる日まで働き続けられることが多いのである。
ただし、インフラエンジニアとしての社内インフラの管理の仕事には体力が必要であることには留意しておかなければならない。インフラが破綻すると企業は活動できない可能性すらあるため、障害発生時には一刻も早く解決することが要求される。そのため、昼夜を問わず休まずに働かざるを得ない状況も生まれるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です